サイト内検索

 

Help > カスタマイズ > Craving Explorer Script 仕様
Craving Explorer Script 仕様
Craving Explorer のダウンロード、変換機能を外部アプリケーションから操作するための API です。OLE オートメーションを利用しているので、C / C++、Java Script、Visual Basic 等、さまざまな言語から利用可能です。
ActiveX 仕様
Object Name
CravingExplorer.Api
CLSID
{A2585CB1-49AA-43A4-92DC-81AD0CE1F11D}
API 仕様
addDownloadItem( String url, String kind, Bool silent );
概要
ダウンロードリストに動画を追加する。
引数
String url 保存したい動画再生ページの URL
String kind 動画の保存種別。種別は convert.xml に記載されている ActionName を利用する。
Bool silent true : 保存時に何も表示しない / false : 保存時にファイル保存ダイアログを出し、保存先をユーザーに指定させる。
戻り値
Bool 追加成功 : true / 追加失敗 : false
利用サンプル
利用サンプルとして、タブブラウザ Sleipnir UserAction Extension との連携スクリプトを作成しています。
このスクリプトを利用することで、Sleipnir のマウスジェスチャ等で、簡単に動画のダウンロード / 保存が行えます。
サンプルスクリプト導入方法
(1) Sleipnir を 公式ページ よりダウンロードし、インストールしてください。
(2) Sleipnir のプラグイン UserAction Extension をインストールしてください。
(3) [Sleipnir インストールフォルダ]\plugins\scripts に、スクリプトファイルをコピーしてください。
(4) Sleipnir のアクションとして、CravingExplorerDownload が追加されますので、マウスジェスチャやメニューに割り当ててください。
(5) 保存したい動画のページで、アクションを実行すると(ジェスチャの実行、メニューの選択でアクションが実行されます)、Craving Explorer で動画のダウンロードが開始されます。
サンプルスクリプト解説
var craving = new ActiveXObject( 'CravingExplorer.Api' );
if ( craving != null ) {
    craving.addDownloadItem( location.href, 'flv', true );
}
4 行の簡単なスクリプトです。
'flv' 部分を、template\convert.xml に記載されている ActionName に置き換えることで、任意の形式に変換してダウンロードできます。
true となっている部分を false にすることで、毎回保存先を指定することができます。
注意事項
現在公開 API は、一つのみですが、今後必要に応じて追加していく予定です。
事前予告なく仕様が変更になる可能性がありますのでご注意ください。
Craving Explorer Script 利用アプリケーション
Craving Explorer Site Script を利用したアプリケーションを配布してくれています。
Kei_9 さん

Help > カスタマイズ > Craving Explorer Script 仕様